トップ

冷え性と生理痛の関係

冷え性は生理痛を助長する

冷え性は生理痛の原因物質が増える

冬はもちろんのこと、夏でもクーラーの効いている場所にいることが多い方は冷え症に悩まされます。体が冷えれば冷えるほど生理痛も強くなるように感じる方も少なくありません。実はこの女性の悩みのツートップとも言える「冷え性」と「生理痛」には密接な関係があるのです。では、冷え症と生理痛がどのように関係し合っているのかをご説明いたします。冷え性にお悩みの方はこちら。

生理が起こるのに必要なホルモン様物質に「プロスタグランジン」というものがあります。生理の時に分泌される物質で、子宮を収縮させて、経血を外へ排出させる働きがあります。しかし、それと同時に痛みを強く感じさせる働き、血液を患部に集める働きもあるのです。そのため、生理中に子宮が冷えて、十分な血液が確保できない時に、プロスタグランジンの分泌が活発になり、子宮に血液を集めるように脳に指令を出します。そうなるとプロスタグランジンのもう一つの働きである、痛みを強く感じさせる、という作用も強く働くようになり、結果として生理痛を酷くさせてしまいます。

寒い冬に足首を出すファッションをしている方、夏に薄着をしている方は体が冷えることから、生理痛が酷くなる傾向にありますから注意が必要です。また、冷たい飲み物を好んで飲む方や湯船に浸からずシャワーだけで済ませることが多い方は体が冷えやすい状態のため要注意です。女性には冷えは大敵です。子宮のあるお腹周りや足を冷やさないように意識しましょう。
(改行)また、意外に見落としがちな点ですが、下半身だけでなく首の冷えも生理痛を悪化させる原因となります。首には太い血管が多く通っています。スカーフやマフラーで首を温めることで、全身に温かい血液を行きめぐらせるように心がけましょう。